いま求められている医療の最高レベルを目指すとともに、明日の医療のあり方 に機能しよう/医療法人あかね会

あかね会TOP > あかね会沿革

あかね会沿革

昭和12年4月

土谷剛治、外科土谷病院を広島市西新町3-1に開設、
院長に就任。

昭和21年9月

市内大手町8-156に病院再建(旧病院 昭和20年被爆)。

昭和34年3月

土谷剛治院長病没。長男太郎、病院を継承。

昭和41年5月

土谷太郎院長、医療法人あかね会を設立、理事長に就任。

昭和41年9月

土谷病院、広島市中区加古町12-17に移設。

昭和42年6月

土谷病院に、人工腎臓治療室を設置。

昭和56年4月

特定医療法人許可。

昭和56年11月

土谷病院、広島市中区中島町3-30に移設。

昭和62年9月

阿品土谷病院開設。

平成7年4月

大町土谷クリニック開設。

平成7年5月

土谷太郎、医療法人あかね会会長に、
土谷晋一郎、医療法人あかね会理事長に、就任。
土谷健診クリニック開設。

平成8年4月

土谷訪問看護ステ−ションアルパ−ク開設(現 西広島)。

平成9年4月

老人保健施設シェスタ開設。

平成9年11月

広島手の外科・微小外科研究所開設。

平成10年2月

土谷訪問看護ステーション草津南開設(旧 アルパーク)。

平成10年4月

土谷訪問看護ステーション大塚開設。

平成10年10月

土谷訪問看護ステーション光南開設。

平成11年8月

土谷訪問看護ステーション出汐開設。

平成12年3月

土谷在宅介護支援センター光南開設。

平成12年4月

土谷居宅介護支援事業所光南開設。
土谷居宅介護支援事業所出汐開設。
土谷居宅介護支援事業所西広島開設。
土谷居宅介護支援事業所大塚開設。
土谷居宅介護支援事業所阿品開設。
土谷訪問看護ステーション西広島開設(旧 草津南)。
土谷ヘルパーステーション光南開設。
土谷ヘルパーステーション出汐開設。
土谷ヘルパーステーション西広島開設。
土谷ヘルパーステーション大塚開設。
土谷ヘルパーステーション阿品開設。

平成12年6月

土谷居宅介護支援事業所戸坂開設。
土谷居宅介護支援事業所可部開設。
土谷居宅介護支援事業所佐伯開設。
土谷居宅介護支援事業所矢野開設。
土谷訪問看護ステーション佐伯開設。
土谷ヘルパーステーション戸坂開設。
土谷ヘルパーステーション可部開設。
土谷ヘルパーステーション佐伯開設。
土谷ヘルパーステーション矢野開設。

平成13年6月

土谷デイサービスセンター大町開設。

平成13年7月

中島土谷クリニック開設(旧 土谷健診クリニック)。

平成14年5月

土谷デイサービスセンター光南開設。

平成17年5月

大町土谷クリニック移設し、産婦人科を開設。

平成17年6月

土谷居宅介護支援事業所大町開設(旧 大塚)。
土谷訪問看護ステーション大町開設(旧 大塚)。
土谷ヘルパーステーション大町開設(旧 大塚)。
土谷居宅介護支援事業所西広島移設。
土谷訪問看護ステーション西広島移設。
土谷ヘルパーステーション西広島移設。

平成17年7月

広島手の外科・微小外科研究所移設。

平成18年4月

土谷在宅介護支援センター光南が、広島市吉島地域包括支援センターに名称変更。

平成23年5月

土谷居宅介護支援事業所可部は、土谷居宅介護支援事業所大町に統合。