いま求められている医療の最高レベルを目指すとともに、明日の医療のあり方 に機能しよう/医療法人あかね会

あかね会TOP > 広島手の外科・微小外科研究所 > 研修医募集

外来診察について研修医募集要項手の外科手術手技ビデオ(日手会教育研修ビデオ) | 手の手術難易度表 |

手の外科研修医募集

平成23年1月現在

医療法人あかね会 広島手の外科・微小外科研究所(日本手外科学会認定基幹研修施設)では、手の外科研修医を募集しています。

当施設での研修の特徴

  • 特定の疾患に偏ることなく広く手の外科および肘関節外科の研修ができる
  • 診断、治療(保存的ならびに手術的)、リハビリテーションの全てにおいてレベルの高い医療を経験できる
  • スタッフと一体となって診療に携わることができる

応募資格

初期臨床研修を含めて4年以上の臨床経験を有する整形外科医または形成外科医。

研修内容

  • 手の外科(マイクロサージャリーの基礎技術習得を含む)、肘関節外科
  • 研修施設:あかね会土谷総合病院整形外科(部長 木森研治)

研修方法

■外来・病棟

原則として指導医とともに診察、処置を行う。

■手術

通常は助手を務めるが能力に応じて執刀することも可能。

■学会発表・論文作成

研修期間によっては指導あり。

■他施設の見学

短期の見学可能。

研修期間の種類と身分

1. ビジター

数日間、あるいは不定期の見学。たとえば毎週火曜日のみの3ヶ月間。

2. ビジティングフェロー

6ヶ月未満の連続した見学と実習。

3. クリニカルフェロー

6ヶ月以上の研修。

募集人員

  • クリニカルフェロー及びビジティングフェロー : 年間を通して2名以内
  • ビジター : 若干名(原則として3ヵ月以内)、あるいは1〜5日/週

クリニカルフェローの待遇

  1. 勤務は月曜日〜金曜日(週5日間)
  2. 給与は卒後5年目の年俸は7,704千円、卒後6年目以後は卒業年数により変動
  3. 6ヶ月未満の研修は、職員として採用されないため無給

必要書類

  • 履歴書(顔写真付き) (PDF形式) / (Microsoft Word形式)
  • 医師免許証(写し)
  • 健康診断書(当方所定の用紙)  (PDF形式)
  • 推薦状(指定なし)
  • 研修内容などについて希望事項があれば別紙に記載の上、同封のこと

問合わせ先

応募希望の方はあらかじめお問い合わせください

〒730-0811
広島市中区中島町4-11中島ビル3F
医療法人あかね会 広島手の外科・微小外科研究所
所長 生田義和
TEL:082−544−1227
FAX:082−544−1228
e-mail:hmc.hiroshima@tsuchiya-hp.jp