いま求められている医療の最高レベルを目指すとともに、明日の医療のあり方 に機能しよう/医療法人あかね会

あかね会TOP > 土谷総合病院 > 産婦人科

土谷総合病院

外科心臓血管外科整形外科消化器内科循環器内科血液内科|内分泌内科|呼吸器内科|神経内科放射線科|麻酔科|泌尿器科腎疾患腎移植外来小児科皮膚科創傷ケアセンター産婦人科|耳鼻咽喉科|眼科ストーマ外来禁煙外来漢方外来地域医療連携室看護部薬剤部各教室

産婦人科

診察担当表

 
午 前 金子 土谷(治) 土谷(治) 土谷(治) 金子
  吉本 鍵元 桑原 鍵元
午 後 (予約) (予約) (予約) (予約) (検査)

産婦人科からのお知らせ

土谷総合病院の産婦人科医師は全員女性であり、病棟スタッフほぼ全員助産師です。当院はお母さんと赤ちゃんに優しい病院を目指して、妊娠・出産・育児に関わらせてもらっています。当院は、NICU(新生児集中治療室)を併設しています。

「産科医療補償制度に加入しましたので、当院での分娩希望の妊婦さんには登録が求められます!!」

当院は平成21年1月1日以後の出産の新生児に適応される「産科医療補償制度加入手続き」の登録を既に済ませており、「産科医療補償制度加入機関」となっております。当院で分娩を希望される妊婦さんは全員、この制度への登録を済ませておられることが必須となります。これに伴い当院での分娩予定の妊婦さんへこの制度に関する説明・登録を始めました。

当院で里帰り分娩を希望される方は、帰省時の妊婦健診で登録をお願いします。

分娩予約をお願いします

当院での出産を希望される方は、早めに産婦人科外来へ連絡をお願いします。安全な出産を提供させていただく為に、予約制とさせていただいております。

当院での分娩受け入れ可能数のお知らせ

当院での分娩受け入れ可能数のお知らせ

平成19年より、当院では安全な分娩をより目指すために分娩予約制を取らせて頂いておりますが、患者様より現在の分娩予約情況をが分かるようにしてほしいとの希望があります。これにお応えする為、平成20年1月より、毎月初めに「各月の分娩受け入れ可能数」をこのコーナーにてお知らせすることとしましたのでよろしくお願い致します。

各月の分娩受け入れ可能数(平成20年8月20日〜)

土谷総合病院産婦人科では、1ヶ月あたりの分娩予約数を増やしました。そのため、現在はどの月も予約可能となっています。

分娩予約をお願いします

スタッフ

土谷 治子 : 院長、部長

日本産科婦人科学会専門医 / 日本母体保護法指定医

金子 朋子 : 医長

日本産科婦人科学会専門医 / 日本母体保護法指定医

鍵元 淳子 : 医長

日本産科婦人科学会専門医 / 日本母体保護法指定医

桑原 良奈 : 医員

日本産科婦人科学会専門医 / 日本母体保護法指定医

吉本 真奈美 : 非常勤医師

診療実績

過去5年間の分娩数
  平成24年 平成23年 平成22年 平成21年 平成20年
総分娩数 321 345 327 402 332
経腟分娩数 239 273 248 299 251
帝王切開総数 82 72 79 103 81
帝王切開率 25.5% 20.86% 24.16% 25.62% 24.39%
双胎 3 9 4 9 3
母体搬送受入数 30 29 30 45 22
初産婦 177 136 121 148 149
経産婦 144 209 206 254 183
分娩時年齢別
  平成24年 平成23年 平成22年 平成21年 平成20年
20歳未満 6 6 4 5 4
20〜25歳未満 24 38 35 47 31
25〜30歳未満 77 83 96 105 81
30〜35歳未満 119 133 103 148 134
35〜40歳未満 75 69 75 82 67
40歳以上 20 16 14 14 15
分娩時妊娠週数別
  平成24年 平成23年 平成22年 平成21年 平成20年
妊娠22〜28週未満 0 0 0 0 0
妊娠28〜32週未満 4 0 1 2 1
妊娠32〜36週未満 14 12 14 25 20
妊娠36〜40週未満 197 213 200 245 204
妊娠40〜42週未満 105 120 112 130 107
妊娠42週以後 1 0 0 0 0

土谷総合病院産婦人科としての理念

患者様とのコミュニケーションをまず大切にして、外来は2つの独立した診察室でプライバシーの確保をします。患者様の訴えを傾聴し、その人に一番合った治療法を一緒に探し提案します。

分娩に関しては、何よりも母児の安全を優先し出産には必ず産婦人科医師が立会い、異常時には分娩室に併設してあるNICU(未熟児集中治療センター)から小児科医師が来てくれます。手術時には麻酔科専門医が麻酔を担当し、しかもハイリスク胎児に対しては小児科医師が立ち会います。呼吸器疾患や心臓疾患のある患者様に対しては、当院の呼吸器内科医師や心臓血管センターの医師が応援に来てくれます。病院を挙げて患者様の安全な分娩をサポートしてまいります。

一方、特に大きな問題も無くて分娩が終了した時には母児関係の早期確立のため、分娩室・手術室でのカンガルーケアを勧め、早期直接授乳を援助します。これが母乳育児推進に大いに役に立っていると思います。

助産師からのメッセージ

お産をされる方へ

取り扱う病気

  • 主に産婦人科良性疾患
  • 子宮筋腫の保存的治療、UAE(子宮動脈塞栓術)
    当院でのUAE(子宮動脈塞栓術)の実施方針
  • 腹腔鏡下手術
  • 周産期管理(総合病院のメリットを活かしながら他科との連携を大切にしています)
  • 母体搬送

研修施設としての役割

日本産科婦人科学会認定医制度卒後研修指導施設(昭和62年9月〜)
母体保護法指定医師研修機関(平成9年10月〜)
日本産科婦人科学会専門医制度卒後研修指導施設(平成14年〜)

大町土谷クリニック産婦人科のご紹介

大町土谷クリニック産婦人科は、旧大町土谷クリニックからの移転新築に伴い新しく開設されました。当クリニックの主な診療は透析と内科ですが、大町地区の産婦人科を必要としている患者様にサービスを提供すべく平成17年5月18日より診療しております。担当の医師は、ここの開設以来中島町の土谷総合病院産婦人科の医師が週二回診察に当たっております。妊婦さんで大町近くから中島町まで通院することが難しい場合とか、土曜日なら診察に行けるのにとか言われる患者様には重宝されております。【平成23年9月より土曜日の診療を一時的に休診させていただいておりましたが、平成24年4月21日から再開します】

クリニックの一階からエレベーターで二階に上がっていただきますと、左前に受付があります。はじめてこられた患者様はそこで受診手続きをしていただきます。その後右手を見ていただくと写真1のように廊下の奥に産婦人科外来入り口が見られます。

大町土谷クリニック産婦人科 入り口

写真1
産婦人科 入口s

そこを入りますとゆったりとした待合室になっており(写真2)、左手にはカウンターがあります。

大町土谷クリニック産婦人科 待合室

写真2
産婦人科 待合室1

待合室から入り口を振り返ると写真3になります。

大町土谷クリニック産婦人科 待合室2

写真3
産婦人科 待合室2

診察室は写真4であり、中島町の本院と直結したパソコンにより本院での検査結果も大町で見れます。また逆に本院から大町の診察内容を検索できるシステムも揃えており、大町・中島町間の連携に支障の無いようにしております。

大町土谷クリニック産婦人科 診察室

写真4
産婦人科 診察室

写真5は今話題の4D超音波画像も撮影可能な超音波断層装置であり、胎児の診断管理に使用しております。

大町土谷クリニック産婦人科 4D超音波画像も撮影可能な超音波断層装置

写真5
4D超音波画像も撮影可能な超音波断層装置

大町土谷クリニック産婦人科では、分娩施設は無いためここでのお産はできません。しかし、妊娠九ヶ月までの妊婦検診を受けていただきその後は中島町の本院で妊婦検診・出産を迎えることができます。他院での帰省分娩予定の妊婦様の診察も勿論可能です。

また、診察時間が週二回と限られているためそれ以外の時は心配と思われる患者様もおられるでしょう。しかし、大町土谷クリニック産婦人科にかかられているのであればご遠慮はいりません。不安なときには中島町の土谷総合病院にお電話ください。大町土谷クリニックにかかられていることを伝えていただければ本院での患者様と同様にその不安を取り除くべく努力いたします。

診察時間:
毎週水曜日、午後2時から午後5時まで
毎週土曜日、午前9時から正午まで
平成23年9月より土曜日の診療を一時的に休診しておりましたが、平成24年4月21日から再開します
事前に大町土谷クリニックに電話(082-877-5588)をされ、希望の時間を予約することが可能です。

関連サイト