いま求められている医療の最高レベルを目指すとともに、明日の医療のあり方 に機能しよう/医療法人あかね会

あかね会TOP > 土谷総合病院 > 消化器内科

土谷総合病院

外科心臓血管外科整形外科消化器内科循環器内科血液内科|内分泌内科|呼吸器内科|神経内科放射線科|麻酔科|泌尿器科腎疾患腎移植外来小児科皮膚科創傷ケアセンター産婦人科|耳鼻咽喉科|眼科ストーマ外来禁煙外来漢方外来地域医療連携室看護部薬剤部各教室

消化器内科

診察担当表スタッフ診療内容肝臓疾患膵・胆道疾患消化管疾患消化器内科だより

診察担当表

 
午 前 甲斐
(消化管)
石丸
(膵・胆道)
荒滝
(肝臓)
甲斐
(消化管)
荒滝
(肝臓)
寺ア
(消化管)
  寺ア
(消化管)
  石丸
(膵・胆道)
        漢方外来
午 後          

スタッフ

荒滝 桂子(あらたき けいこ) : 部長

■専門領域

肝臓疾患、消化器系一般

■所属学会・資格

日本内科学会認定内科医 / 日本消化器病学会指導医 / 日本肝臓学会認定肝臓指導医

■メッセージ

→肝臓疾患の治療について

石丸 正平(いしまる しょうへい) : 部長

■専門領域

膵・胆道系・消化器系一般

■所属学会

日本内科学会 / 日本消化器内視鏡学会 / 日本膵臓学会 / 日本胆道学会 / 日本消化器病学会

■メッセージ

→膵・胆道疾患の治療について

甲斐 広久(かい ひろひさ) : 医長

■専門領域

消化器(胃腸系)・消化器系漢方

■所属学会

日本内科学会 / 日本消化器内視鏡学会 / 東亜医学協会

■メッセージ

→消化管疾患の治療について

寺ア 元美(てらさき もとみ) : 医長

■所属学会・資格

日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医 / 日本消化器病学会 消化器病専門医 / 日本内科学会 総合内科専門医

診療内容

消化器疾患全般を対象に診断および治療を行っています。

疾患

膵臓・胆道疾患:閉塞性黄疸、膵炎、膵癌、胆石症(胆嚢結石、総胆管結石)、胆道炎、胆道癌など

肝臓疾患:急性肝炎、慢性肝炎、肝硬変、肝臓癌など

消化管疾患:食道炎、食道癌、食道静脈瘤、胃炎、胃潰瘍、胃癌、十二指腸潰瘍、腸閉塞、大腸ポリープ、大腸癌、腸炎など

検査

腹部超音波、上部・下部消化管内視鏡、消化管造影検査、腹部CT・MRI、内視鏡的逆行性膵胆管造影(ERCP)、超音波内視鏡、肝生検、腹部血管造影など

治療手技
内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)

2007年から、早期胃癌に対して、内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)を導入しました。従来の粘膜切除術(EMR)と比較して、出血性合併症がやや多い傾向はありますが、一括切除率が高く遺残の危険性が少ないため積極的に施行しております。入院期間は7-10日程度です。

内視鏡的止血術

当院は、慢性腎不全や虚血性心疾患といった症例が多いため重篤で難治性の消化管出血に日常的に遭遇します。そのため、従来のクリップ止血や薬剤の局注では十分な止血が得られないことも多く、動脈性の出血に有効な高周波装置(ERBE社製エルボトームICC-200)や静脈性止血に有効なAPC(ERBE社製のAPC300)を導入し診療にあたっております。

内視鏡的胃瘻造設術(PEG)

経口摂取困難、嚥下障害に対し行っています。一般的にPEGは20%の偶発症があるとされており、中でも自己抜去による腹膜炎は致命的と言われています。そのため当院では、鮒田式胃壁固定具を併用し、偶発症の予防に努めております。また、NST(nutrition support team)と連携し、効果的で安全な経腸栄養療法を心掛けています。

他の治療手技

内視鏡的ポリペクトミー・粘膜切除術、肝動脈塞栓術、リザーバ-治療、エタノール局注療法、ラジオ波焼灼療法、内視鏡的総胆管結石除去術、内視鏡的乳頭拡張術、切開術、経皮経肝胆道ドレナージ(PTBD)、食道静脈瘤硬化療法・結紮術など

肝臓疾患の治療について : 消化器内科部長 荒滝 桂子

ウィルス性肝炎に対する治療

近年、B型C型慢性肝炎および肝硬変の治療ガイドラインは年々改訂されています。そのガイドラインに沿った治療は当院でももちろん行っています。

しかし、肝癌の原因として最も多いC型肝炎ウイルスに感染している方の中には、年齢や合併症などによりガイドラインどおりの治療が困難な方もいらっしゃいます。そのような方にも、少量のインターフェロン、抗ウイルス薬(リバビリン)、瀉血などの治療を組み合わせて、肝硬変への進展、発癌(肝臓癌)を予防するように努めています。

肝疾患患者様体験談集(PDF形式)

当院で無料肝炎ウイルス検査を受けることができます (条件あり)

肝炎ウィルス検査 〜あなたはもう受けましたか?〜

発癌した場合

そして、残念ながら、発癌した場合、内科では、ラジオ波焼灼療法、エタノール注入療法を、放射線科との連携で肝動脈化学塞栓療法、さらに外科の協力を得て進行肝癌に対するリザーバー治療を行っています。もちろん、手術がベストと判断される場合はそれらの治療にこだわることなく、手術をお勧めいたします。そして、肝臓癌治療後は、再発防止のためのインターフェロン治療を積極的に行っています。

脂肪肝

また、これからは糖尿病の増加ともに「脂肪肝」の増加が予測されます。健診受診者の30%が脂肪肝といわれているそうです。飲酒で脂肪肝になっているケースもありますが、飲酒の習慣はなく、肥満や糖尿病が原因で脂肪肝になっているケースがあります。そのような方は、おそらく健診で「減量するように」と注意されていると思いますが、深刻に受け止める方は少ないのではないでしょうか?

しかし、『脂肪肝→脂肪性肝炎→肝硬変→肝癌』へと進行する場合があります。ですから、「B、C型慢性肝炎」、「肝硬変」のみならず、「脂肪肝」(→脂肪肝は放っておいていいの?)といわれたけれど、なんとなく病院を受診していない方、あるいは通院はしているけれど肝機能数値が高いままの方、ぜひ一度当科にお越し下さい。

肝臓

膵・胆道疾患の治療について : 消化器内科医長 石丸 正平

膵疾患の診断・治療
  1. 膵腫瘍の診断・治療
    ジェムザール・TS-1による化学療法(入院・外来)
  2. 急性・慢性膵炎の診断・治療
    投薬に加え、内視鏡的膵管ステント留置術
胆道疾患の診断・治療
  1. 胆石の診断・治療
  2. 総胆管結石の診断・治療
    内視鏡的乳頭切開術(EST)あるいは内視鏡的乳頭拡張術(EPBD)の施行と内視鏡的砕石(採石)術
  3. 胆道癌(胆嚢癌・胆管癌)の診断・治療
    肝門部胆管癌あるは肝外胆管癌に対する
    • 内視鏡的経鼻胆道ドレナージ(ENBD)
    • 内視鏡的ステント留置術(メタリックステントあるいはチューブステント)

消化管疾患の治療について : 消化器内科医長 甲斐 広久

消化管の病気を中心に診療しております。

  • 逆流性食道炎
  • 消化性潰瘍(胃潰瘍、十二指腸潰瘍)
  • 消化管出血
  • 消化管腫瘍(早期胃癌、早期大腸癌、大腸ポリープ、MALTリンパ腫など)
  • 炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎など)
  • 機能性胃腸障害(過敏性腸症候群、NUDなど)
  • 消化管感染症(急性腸炎、大腸憩室炎)
特色

消化器内科を受診される患者さんの多くは、何らかの消化器系症状(胃の痛み、膨満感など)があるにもかかわらず、各種検査を行っても異常がみつからないことがよくあります。

近年、消化管などの臓器が、脳から神経を介して支配されていることが解明されてきており、精神的なストレスで胃腸系の運動や機能が障害され、様々な症状がでてくることが分かってきました。

このような状態を「機能性胃腸障害」といいます。まだ原因も解明されておらず、精神的な関与の強い病気であるため、従来より使用されている一般的な治療薬(胃腸薬)だけでは効果がないこともしばしば経験します。

一説によると日本人の4人に1人は機能性胃腸障害であるといわれております。

このような方に対しては、漢方薬による治療を積極的に行っております。

なぜ漢方なのか?

漢方薬は、西洋医学的な病名に対して行うものではなく、東洋医学的な考え方(八網、三陰三陽、気血水など)に対して処方を決定していきます。

更に、これらの考え方は、心身一如(しんしんいちにょ:心と体は一体であること)という概念をもとにしています。 つまり、患者さん個々の精神状態や、性格などを加味した治療が可能になります。

一方、西洋医学は、原因が解明され、治療法が確立された疾患においては非常に有効なのですが、機能性胃腸障害のようなはっきり解明されていない病気に関しては、有効な手段を持っておりません。

現在当院では、エキス剤のみで保険診療の範囲で診療しております。

漢方治療に関するQ&A

よく問い合わせをいただく漢方治療に関するQ&Aです。順次追加予定です。

  • 長期に飲まないと効果がないのか?
  • 一般に漢方薬は長期に服用しなければ、効果がないと思われがちです。しかし風邪で治療して一週間や一ヵ月後に効いても仕方がありません。
    治療の目的や処方により異なりますが、速いものでは数分から数十分で効果がでるものもあります。慢性の病気に使う場合は数日から数週間かかることが多いようです。
    体力をつけたり、体質を変える目的で使用する場合は数ヶ月から一年ぐらいかかることもあります。
  • なぜ食前に飲む必要があるのか?
  • 食後に内服すると食べたものと混ざり十分な吸収が得られず効果が減弱するとされています。そのため、食後に内服したからといって害はありません。また薬の効果が強すぎる場合などはあえて食後に内服してもらうこともあります。
  • 副作用はないのか?
  • 漢方薬は副作用が少ないと考えられがちですが、生薬からできているためにある一定の頻度でアレルギー反応を起こす可能性はあります。その他にも、何らかの不調が出ることも少なくはありません。この場合、東洋医学的な考え方では副作用とはいわず「誤治」といいます。つまり、体に合わない処方を選択したための結果と考えるわけです。逆に、有効な薬であって飲み始めの数日間だけかえって体調が悪くなる現象も知られており、これを「瞑眩(めんげん)」といいます。この場合は評価が難しいのですが、経過をみて改善するようであれば問題ないとされています。

消化器内科だより(直近5つ:PDF形式)