いま求められている医療の最高レベルを目指すとともに、明日の医療のあり方 に機能しよう/医療法人あかね会

あかね会TOP > 土谷総合病院 > 薬剤部

土谷総合病院

外科心臓血管外科整形外科消化器内科循環器内科血液内科|内分泌内科|呼吸器内科|神経内科放射線科|麻酔科|泌尿器科腎疾患腎移植外来小児科皮膚科創傷ケアセンター産婦人科|耳鼻咽喉科|眼科ストーマ外来禁煙外来漢方外来地域医療連携室看護部薬剤部各教室

土谷総合病院 薬剤部

業務内容専門薬剤師おくすりQ&Aくすりの窓特集

業務内容

窓口業務
平  日 午前8:30 〜 午後5:30
土日祝 午前8:30 〜 午後5:30
  • 夜間帯は対応していません(当直看護師におたずね下さい)
  • 院外処方箋は受け付けていません
  • 院外薬局への処方箋は発行していません
  • お盆や年末年始の業務日程は窓口にてお確かめ下さい

※外来でお渡ししているおくすりの説明書について

おくすりの説明といっても、口で伝えると分かりにくかったり、忘れてしまったりすることもありますので、当院では「くすりの説明書」(A4版)を作成して外来患者さんにお渡ししています。(くすりによっては説明書をお渡しできないものもあります) また、ご自分のかかりつけ薬局のおくすり手帖をお持ちの方には、外来受診時にシールタイプのおくすりメモもお渡ししております。ご希望の方は、診察終了後に薬局窓口にてお申し出下さい。

(当薬局ではおくすり手帖は発行していませんのでご了承ください)

調剤業務
  • 一般調剤
    外来では医師が診察室で入力したデータが院内の薬剤部に送信され、処方せんが発行されます。薬剤部では処方せんをもとに薬の内容・量・飲み方・などをチェックし、疑問点があれば医師に確認した後調剤を行います。
  • 注射調剤
    患者様毎に、処方された注射処方せんをもとに注射の内容・量・投与方法・配合変化などをチェックし、セットします。
製剤業務
  • 販売されていない薬や使用期限が非常に短いもの、当院独自で使用している薬などは薬剤部にて作成しています。
無菌調製業務
  • 外来、入院にて化学療法を受けられる患者様の、抗がん剤の投与量、投与履歴、休薬期間(スケジュール)等を毎回確認し、安全キャビネット内にて調製しています。
    また、初回投与前には主治医からのインフォームドコンセント(説明と同意)後、投与スケジュールや副作用、生活注意等について説明を行っています。
    副作用発現時を含め、治療全般において医師、看護師、コメディカルと協力し患者様のサポートを行っています。
  • 入院患者様の高カロリー輸液(TPN)の調製を薬剤部にて行っています。
入院患者様の高カロリー輸液(TPN)の調製
病棟業務

当院では、医師の指示のもと薬剤師が一般病棟の患者さんのベッドサイドにうかがい、おくすりの説明を行なっています。医師より処方の指示が出ると内容を確認し、くすりのはたらきや飲み方、飲む期間などを患者さんに伝えます。また、患者さんと直接話すことで、不安や疑問に対しても対応できるように心がけています。入院中は内服薬だけではなく、注射薬や外用薬も処方されることがあります。内服薬同士の飲み合わせや内服薬と注射薬の相互作用、くすりが適正使用されているかなど、患者さんへ投与されるくすりのすべてに関して内容をチェックしています。患者さんが退院される場合は、退院後の薬の飲み方や服用する際の注意点等について指導を行ないます。

また、入退院時には他院薬・持参薬の確認を行い、薬の重複や飲み忘れの無いよう心がけています。

※主治医の指示等により、服薬指導を行なわない場合があります

専門薬剤師

糖尿病療養指導士

近年増加する糖尿病患者、またそれに伴い糖尿病合併症が急増し、糖尿病網膜症による失明や糖尿病性腎症による人工透析導入などの患者の数も増加しています。そこで糖尿病とその療養指導全般に関する正しい知識を有し、医師の指示の下で患者に熟練した療養指導を行うことのできる医療従事者(看護師、管理栄養士、薬剤師、臨床検査技師、理学療法士)に対し与えられた資格が糖尿病療養指導士です。当院には、現在糖尿病療養指導士である薬剤師が2名在中しております。 活動内容は入院・外来患者に対する指導、糖尿病教室の開催を行っています。

例えば……

内服薬の効能効果、用法用量の説明 / インスリンの正しい使い方 / 血糖自己測定器の使い方 / 低血糖症状、合併症等パンフレットを使った指導

糖尿病教室の様子

【糖尿病教室の様子】

糖尿病教室のご案内はコチラ

NST専門薬剤師

『NST』とは「Nutrition Support Team」の頭文字の略で、“栄養サポートチーム”のことをさします。NSTの稼動する施設は年々急速に増加しており、栄養領域への取り組みが広がってきました。

当院においてもNSTが稼動しており、組織としては医師、管理栄養士、看護師 、薬剤師 、臨床検査技師、理学療法士、作業療法士で構成されており、栄養状態の評価・検討を行なっています。活動としては1回/週のラウンド、ランチタイムミーティングや1回/月の症例検討会、委員会や勉強会を開催しています。

薬剤部では

  • 注射剤を無菌的に調製し、薬剤による配合変化などの処方内容の検討を行っています
  • 服用できない薬がある場合、服用できるように工夫しています
  • 医薬品と食品の相互作用による影響を検討しています

当院には日本静脈経腸栄養学会の認定資格を有する薬剤師、「NST専門薬剤師」が2名在中しており薬学的観点から患者様を観察し、処方を評価することで適切な栄養療法を提供しています。

漢方・生薬認定薬剤師

漢方薬・生薬認定薬剤師は、(財)日本薬剤師研修センターと日本生薬学会が実施する研修を受け、漢方薬や生薬の分野において能力と適性を持っていることを試問等により確認し、その能力を証明された薬剤師を指します。

当院には1名の認定薬剤師が在中しており、患者様へ漢方薬の内容や使用法などを詳しく説明し、定期的に研修を行うなどして情報収集に努めています。

おくすりQ&A

ここでは、今までに患者さんからのお問い合わせが多かったものについてまとめてみましたので、参考にして下さい(随時更新していきます)。

グレープフルーツジュース

納豆とクロレラ

食直前の服用

「副作用と思われる症状」とは

目薬の正しい使い方

くすりの窓

当薬剤部では、定期的に「くすりの窓」というドラッグインフォメーション紙を発行しています。 薬局の窓口に置いてありますので、ご自由にお持ち帰り下さい。

こちらのページでは過去の「くすりの窓」を閲覧することができます

2016年

痛風・高尿酸血症 (2016.09)

薬と食べ物の相互作用について (2016.07)

脱水対策 (2016.05)

花粉症 (2016.03)

口腔ケア (2016.01)

2015年

グレープフルーツと薬の飲み合わせ (2015.09)

消毒 (2015.07)

たばこの害 (2015.05)

正しい目薬のさし方 (2015.03)

インフルエンザ (2015.01)

2014年

高血圧 (2014.11)

不眠症 〜予防と適切な治療〜 (2014.09)

ドライアイ(乾き目) (2014.07)

おくすり手帳 (2014.05)

お酒と健康 (2014.03)

ノロウイルス (2014.01)

2013年

錠剤の剤形 (2013.11)

薬の正しい飲み方 (2013.09)

薬と食べ物の相互作用 (2013.07)

薬の保管方法 (2013.05)

インフルエンザ (2013.01)

2012年

吸入薬 (2012.11)

高血圧 (2012.09)

ワクチン (2012.07)

ストレス (2012.05)

壮年性脱毛症・AGA (2012.03)

感染予防 (2012.01)

2011年

緑内障 (2011.11)

塗り薬と保湿 (2011.09)

OD錠 (2011.07)

一般用医薬品 (2011.05)

漢方薬 (2011.03)

禁煙 (2011.01)

2010年

グレープフルーツと薬の飲み合わせ (2010.11)

ヘルペス (2010.09)

気管支喘息 (2010.07)

水虫 (2010.05)

痛風・高尿酸血症 (2010.03)

糖尿病 (2010.01)

2009年

新型インフルエンザ (2009.11)

不眠症 (2009.09)

C型慢性肝炎 (2009.07)

パセドウ病 (2009.05)

高血圧 (2009.03)

脂質異常症(高脂血症) (2009.01)

2008年

便秘 (2008.11)

ドライアイ (2008.09)

日焼け (2008.07)

たばこの害 (2008.05)

花粉症 (2008.03)

小児の上手な薬の使い方 (2008.01)

2007年

高尿酸血症・痛風 (2007.11)

毛髪 (2007.09)

食中毒 (2007.07)

逆流性食道炎(むねやけ) (2007.05)

歯周病・ムシ歯 (2007.03)

風邪の予防 (2007.01)

〜2006年

冷え性 (2006.11)

ピロリ菌 (2006.09)

メタボリックシンドローム (2006.07)

五月病 (2006.05)

アミノ酸 (2006.03)

鳥インフルエンザ (2006.01)

ノロウイルス (2005.11)

お酒と健康 (2005.09)

熱中症 (2005.07)

一般用医薬品 (2005.05)

エコノミークラス症候群 (2005.03)

たばこ (2005.01)


ヘルペス (2004.11)

頭痛 (2004.09)

水虫 (2004.07)

紫外線 (2004.05)

腰痛 (2004.03)

高血圧 (2004.01)


高脂血症 (2003.11)

糖尿病 (2003.09)

睡眠障害 (2003.07)

下痢と食中毒 (2003.05)

花粉症 (2003.03)

漢方薬 (2003.01)


かぜとインフルエンザ (2002.11)

特集