阿品土谷病院

文字の大きさ
  • 大きくする
  • 元に戻す

当院について

Our Hospital

院長ごあいさつ

心穏やかで快適な毎日を過ごすための医療療養型病院

院長 今津 通教

inchou.jpg

阿品土谷病院は、眼下に青く広がる瀬戸内海を臨む、長期療養型の病院です。219床が入院可能な中規模病院で、透析患者、心疾患などの内科の患者さんの治療を行っています。約170名の透析患者さんの治療が行われている透析センターやリハビリセンターも併設されています。ご高齢でさまざまな合併症をもち、日々の生活を送る上での日常的な動作が難しいADL(日常生活動作)の低下した患者さん, 認知機能の低下した患者さんが多く入院されています。

さまざまな治療を経てこられた患者さんのケア

阿品土谷病院には、在宅や施設での療養を目指しリハビリに励んでおられる患者さんとともに、それまでさまざまな治療を経てこられた終末期の患者さんも療養されています。
寝たきりで、褥瘡などの重い皮膚疾患を合併した患者さんも多く、定期的に皮膚科の医師が診療を行うなど、長期療養となる患者さんへのさまざまなケアも行っています。

充実した毎日のためにその人にあった治療を

阿品土谷病院が何よりも大切にしているのは、患者さん自身がQOL(生活の質)を保ちながら満足できる治療を受けられることです。それぞれの患者さんが、その人にあった治療を受けることができているか。治療により充実した日々を穏やかに過ごすことができているか。
患者さんへのその様な想いを忘れず、全職員が一丸となって、治療に取り組んでいます。

地域医療への貢献

廿日市に位置する中規模病院として, JA広島総合病院などからの受け入れも行うなど、阿品土谷病院は周辺の地域医療への貢献も行っています。また、土谷総合病院のサテライト病院として、透析患者、循環器疾患患者を中心に引き受けており、合併症の治療などを連携して行っています。また、内科には消化器内科として2人の専門医を配し、胃ろうなどの手術も行うなど、地域の病院としての治療も提供しています。